吉丸防水は防水工事の専門会社です

建物が雨漏り・漏水による被害を受けてしまった場合はもちろんのこと、雨漏り・漏水を予防するためにも建物の防水工事はとても重要です。

効果的な防水工事を行うためには、建物と水の特性の両方を知らなくてはなりません。

防水専門会社として経験豊富な吉丸防水が、目に見えない水を徹底的に防いで、建物・家財道具・財産、そして住む人の健康を守るお手伝いをいたします。

防水工事の種類

防水工事の基本は、水が浸入しないようにする「防ぐ」対策と、ヒビや穴の修繕などの「直す」対策の2本柱になります。

建物の状況や部位(屋上・屋根・壁など)によって、最適な防水工事を計画してご提案・施工させていただきます。

① シート防水

塩ビシートやゴムシートを貼りつける工法です。

バルコニー・ベランダ・屋上の床面にもお勧めです。

下地を問わず、施工期間が短く済むという大きなメリットがあります。

② ウレタン防水

防水効果のあるウレタンを何重にも塗装し、乾燥・硬化によって防水層の役割を持たせるタイプの防水工事です。

シート防水に比べ、凹凸部に強くつなぎ目が出にくいため、仕上がりが非常に綺麗になることが特徴です。

③ FRP防水

軽く・錆びず・強いという特長の強化プラスチック「FRP」を使用した防水工事です。

浴槽やタンクなどにも用いられます。

硬化速度が速いため、工期が短く済む防水塗装です。

④ アスファルト防水

最も信頼性の高い防水工法です。

防水用アスファルトの塊を溶かして液状にし、溶かしたアスファルトで防水紙を貼り重ねてゆく工法です。

施工状況等に応じて1~5層貼付けを行います。

⑤ シーリング防水

建物の開口部、各種金物廻り、コンクリート打継部など外部から雨水などの侵入を防ぐための材料です。

形状が予め定まっている定型シール材、形状が予め定まっていないペースト状のものが硬化後ゴム状に変化する不定形シール材があります。