住宅などの建物における防水とは、雨や生活用水などを遮断して「漏水」を防ぐことを目的としています。

建物外部から水が室内に侵入するには以下3つの要因があります。

  • 「水が存在すること」
  • 「水が通過する隙間があること」
  • 「水を移動させる力が働くこと」

これらのいずれか1つの要素を除くことによって水の侵入を防ぐことが出来るのです。

防水工事ではこのうち「水を通過させる隙間」および「水を移動させる力」を防ぐことを指します。

防水の必要性

住宅やマンション、ビルなどの建築物は常に雨風・太陽からの日差しなどの自然環境にさらされています。

これら自然の脅威から私たちの生活を守るため、建築の際には必ず防水工事を行う必要があるのです。

みなさんが住む建物も必ず防水工事を行なっています。

しかしながら、建物の建設状況、また、環境による劣化や経年変化によって防水機能は低下する為、

定期的なメンテナンスや点検が必要です。

いったん漏水が発生してしまうと、建物全体への悪影響があります。

雨漏りなどの目に見える影響がでる場合もありますが、木材や壁、家の下へ漏水してしまうと、

家全体の湿度が上がってジメジメした不快な環境になってしまいます。

さらには、カビが発生して健康を損なってしまう可能性もあるのです。

これらの漏水は日常生活の中では気づかないことが多いため、クロスの交換などで対処してしまうと、

またすぐ同じ箇所にカビが発生します。

漏水はどんな建物でも起こり得ることです。

確認の難しい漏水で建物を痛めないためには、定期的な点検と防水工事を行うことが必要不可欠なのです。

漏水の症状

適切な漏水対応には定期的な点検が必要ですが、ご自身で確認できるチェックポイントがあります。

このような症状が見つかった場合は、漏水または防水機能が低下している可能性が高いため、

点検を行う目安になります。

これらの症状は、設計上のミス・施工不良・経年劣化から発生するため、どんな建物でも発生する可能性があります。

いま一度ご確認ください。

症状 状態
 壁、天井のクロスが剝がれ、膨らみ、シミが現れる  雨漏りの可能性あり
 クロスにカビが生える  雨漏りの可能性あり
 部屋全体にジメジメした湿気の匂いがする  雨漏りの可能性あり
 雨の日に天井裏から水滴の音がする  雨漏りの可能性あり
 和室にある柱の色が濃くなる  雨漏りの可能性あり
 急に結露が多くなる  雨漏りの可能性あり
 屋根が腐食している  防水機能低下
 外壁にヒビが入る  防水機能低下
 防水工事の目地から雑草が生える  防水機能低下

このような症状を確認された場合は、点検を行うことが非常に大切です。

影響が大きくならないために、お早めのご連絡をお待ちしております。